クラブ情報

プロフィール

神戸市を本拠地とするクラブチーム、2001年に創部、2005年にLリーグ2部に参入、翌2006年1部へ昇格。2010年全日本選手権にて初タイトルを獲得し、2011年に念願のリーグ優勝を果たす。その後、リーグ3連覇、全日本選手権4連覇を果すが、昨年はリーグ無冠に終わったため、2016年は女王奪還を目指す。
チーム名の「レオネッサ」とはイタリア語で雌ライオンを意味し、美しく力強い様子を表している。チームマスコットはらいむちゃん。“神戸から世界”へをコンセプトに女子サッカーの更なる飛躍を目指して活動を行なっている。

Texture_Line

INAC Kobe Leonessa Club Profile
INAC Kobe Leonessa, based in Kobe city was established in 2001 and joined the second division of the L. League in 2005. Next year, in 2006, INAC Kobe was promoted to the first division. In 2010, the club won the title of the 32nd All-Japan Women’s Soccer Championship and in 2011, and captured the long-awaited victory of the Plenus Nadeshiko League. INAC Kobe kept the League crown for three seasons in a row from 2011 to 2013 and got four consecutive victories of All-Japan Women’s Soccer Championship. However, INAC Kobe failed to win any titles in 2014, therefore it is the imperative goal to win back the position of champion in this year.
The team name “Leonessa” means female lion and signifies atmosphere of beauty and strength in Italian. The team mascot is called “Raimu-chan”. INAC Kobe has assumed a very important role for breakthrough of women’s soccer with the concept “from Kobe to the world”.

クラブエンブレム

INAC創設10周年を記念してチームエンブレムをリニューアルしました。チーム誕生の地である神戸のシンボル「碇」とINACのトップチーム名「レオネッサ(雌ライオン)」にちなんだ「雄雌のライオン」のモチーフはそのままに、より力強く、現代風にアレンジしました。チームカラーであるINACレッド×INACイエローの配色が闘志を感じさせる高貴なイメージのチームエンブレムです。

Texture_Line

Club Crest
The club emblem was renewed to mark the tenth anniversary of our establishment. While the motifs of an “anchor“, the symbol of the club’s birthplace Kobe and “male and female lions”, having to do with the name of the first team “Leonessa (female lion)” were not changed, the emblem was redesigned to make it look more powerful and modern. The renewed emblem portrays a noble image with the color arrangement of the team colors INAC red and INAC yellow representing the club’s fighting spirit.

らいむちゃん紹介

クラブ理念

スポーツは教育や社会生活の重要なファクターです。
人はスポーツを通じて成長しよろこび、 そして感動し、潤いある人生を創造することができます。
アイナックが目指すのは、そんなスポーツの素晴らしさを一人でも多くの皆様に身近に楽しんで頂き、
さらには世界に羽ばたくチーム、プレイヤーを育成することです。
地域密着を基本に、市民スポーツからワールドワイドなステージまで、幅広いスポーツマインドをサポートしていきます。

Texture_Line

The Club Philosophy
Sport is a very significant factor in terms of education and social life. INAC Kobe believes that human beings are able to improve, to be impressed and to create pleasant life through sports. INAC Kobe’s aim is to show how much enjoyable sport is and to develop world-class team and players. INAC Kobe values their relationship with the community and promises continuous broad range of supports to community sports as well as international sports.

設立趣旨

アイナックは地元神戸市及び兵庫県におけるスポーツコミュニティーの担い手を育成し、さらには国際的な活動も展開していく総合スポーツクラブとして、2001年4月に設立されました。
その後3年間にわたる任意団体として活動後、2004年4月には『地域密着』をコンセプトをよりいっそう深化させるためにNPO法人格(特定非営利活動法人)を取得し、2010年には更なるクラブの発展を目指し、株式会社に変更しました。
サッカーを通じ健全な青少年の育成や生涯スポーツの推進をコンセプトに、育成組織・クラブチームを保有し、現在、神戸・東京・併せて約260名の会員が在籍しています。

Texture_Line

Spirit of Establishment
INAC Kobe was established in April 2001 as a comprehensive sports club for nurturing leaders of the sport community in its home city Kobe and Hyogo Prefecture, where the city belongs, as well as engaging in international activities. After working as an unincorporated association for three years, in April 2004, INAC Kobe established NPO INAC for deepening the concept of community-based activity. In 2010, INAC Kobe acquired an incorporated non-profit organization status in order to aspire for further club expansion. Under a concept of nurturing healthy youngsters and promoting lifelong sporting activities through football, the organization has youth academies and club teams. Currently, there are a total of around 260 club members in Kobe and Tokyo.

指導理念
OUR SPONSORS
もっとみる