ニュース

【0709監督コメント更新】2018プレナスなでしこリーグカップ1部Bグループ[第9節]vs セレッソ大阪堺レディースの試合結果

2018年07月09日

2018プレナスなでしこリーグカップ1部Bグループ[第9節]vs セレッソ大阪堺レディースの試合結果をお知らせいたします。

INAC神戸レオネッサ ○3-2● セレッソ大阪堺レディース

【試合開催日時】
2018年7月7日(土)18:00

【会場】
ノエビアスタジアム神戸

【得点者】
27分:7中島
40分:C大阪堺
42分:C大阪堺
50分:9増矢
72分:5三宅

【スターティングメンバー】
GK:31福元
DF:19牛島、15羽座、5三宅、3鮫島
MF:8杉田、6伊藤、7中島、9増矢、13仲田
FW:10岩渕

【リザーブメンバー】
GK:1武仲
DF:25杉田、23チェ
MF:18平塚、14京川
FW:11高瀬、22島袋

【交代】
64分:13仲田→11高瀬
77分:10岩渕→14京川
90⁺3分:7中島→22島袋

0709更新【監督コメント】
前半の30分くらいまでは、相手を圧倒するだけの運動量と攻撃力を出すことができていましたが、
それにもかかわらず1点しか取れなかったのが今日の試合を難しいものにした要因でした。
失点シーンについては、相手のストロングポイントとしてミーティングの中でも話を
していましたので、個人個人反省しなければなりませんが、さらに反省しなければならない
ところは、連続失点をしてしまったというところだと思います。
 
先週の引き分けのノジマ戦終了後に、選手たちには『自分たちで自分のプレーを分析しなさい』と
いう宿題を出しました。それを踏まえて、本日の試合では、その自分たちで分析して修正した
ことをしっかりピッチで出そう、ということで試合に臨みました。
ハーフタイムの指示としては、それがまだできていないことと、前半1-2という状況で、
自分たちのプレーを出しきり、逆転ができなければタイトルを獲るなどと言うことはおこがましい、
ということを伝えました。また、現象として問題となっていることもシンプルに伝え、
選手たちがどのように修正をしていくか、後半を見ていました。
 
後ろからのビルドアップについて、試合序盤は相手の2トップに対して後ろ3人で上手く
ボールが回せていましたが、試合が進み運動量も落ちてくる中で、センターバック2人が
相手2トップにプレッシャーを受け、ボールを動かしにくくなっていたのでそこを修正しました。
後半になってやれている部分はありましたが、ボランチとサイドバックがセンターバックと
連携してボールを回していくというところが、チームとしてまだまだスムーズにいかない印象です。
 
現在のメンバーは、カップ戦優勝、そしてリーグ戦後半を見据えて、普段の練習からやれている、
現状よりよいメンバーを選んでいます。
次回は、グループリーグ突破をかけた試合になりますが、どのチームと試合をしても自分たちの
力を出すというのが大前提です。1週間練習に取り組む中でベストな11人を選ぶのはもちろんですが、
直近の2試合は1-1の引き分けと苦しい試合を逆転し、勝点4を稼げているということは前向きに
捉えて、次の長野戦でさらにいいチームになることを狙って調整していきます。


【観客数】996人

【本日の試合動画】
http://www.nadeshikoleague.jp/2018/nl1_cupB/match_page.html?mno=18

----------------
大雨の中、ご来場いただきまして誠にありがとうございました。
次回はカップ戦決勝進出をかけて、AC長野パルセイロ・レディースとの一戦!

7月12日(木)
なでしこリーグカップ1部Bグループ第6節
ノエビアスタジアム神戸
vs AC長野パルセイロ・レディース
18:00キックオフです!

6月16日(土)沖縄開催の振替試合になります。
熱い応援をどうぞよろしくお願いいたします!

前のページへ戻る
OUR SPONSORS
もっとみる