ニュース

【監督コメント更新】2018プレナスなでしこリーグ1部 第18節vs日体大FIELDS横浜試合結果のお知らせ

2018年11月07日

2018プレナスなでしこリーグ1部 第18節vs日体大FIELDS横浜の試合結果をお知らせいたします。

日体大FIELDS横浜 ●0-3〇 INAC神戸レオネッサ 

【試合開催日時】
2018年11月3日(土)13:00

【会場】
ニッパツ三ツ沢球技場(神奈川県)

【得点者】
65分:7中島
78分:19牛島
87分:11高瀬

【スターティングメンバー】
GK:21スタンボー
DF:11髙瀬、5三宅、3鮫島、19牛島
MF:8杉田、7中島、9増矢、10岩渕、13仲田
FW:14京川

【リザーブメンバー】
GK:21武仲
DF:23イェスル
MF:17イミナ、6伊藤
FW:16道上、22島袋

【交代】
HT:13仲田→17イミナ
63分:10岩渕→6伊藤
81分:14京川→22島袋

【監督コメント】
順位が決まった中での試合でしたのが、皇后杯でタイトルを獲るための大切な試合と
位置付けて、狙いとテーマを持って取り組んだ試合でした。
 
日体大Fは引いてくると想定しており、引いた相手をどれだけ崩すか…というテーマで
臨みました。
前半はなかなか思うように行きませんでしたが、後半中島のミドルシュートから点が
取れたり、牛島のシュートに関してはHTに指示を出したことが形になった、とても
良いゴールだったと思います。
 
5-4-1で守られる中で、イミナの投入は、真ん中でのパスのテンポをもっとシンプルに
変える狙いがありました。期待通り、パスのリズムが変わりました。
また前半、相手がとても守備を頑張っていましたので、後半になり体力が少し落ちてきて
真ん中のスペースが空いてきたのも、得点に繋がった要因だと思います。
 
怪我人が出るのは仕方がないことですが、DF陣のやりくりがかなり大変なシーズンでした。
本来鮫島をSBで起用したいところをCBで起用し、彼女の良さを消してしまう配置だったのかも
知れませんが、我慢強くCBでやれることをやってくれていました。
攻撃陣も、結果的に得点できた選手はたくさんいましたが、それだけ競争も激しかったです。
反面いろいろな選手を起用できたことは良かった点だと思います。
課題としては、引き分けで終わってしまった試合や負けてしまった試合を、
引き分けは勝ちに…負けは引き分けにするだけの力が足りませんでした。本気でタイトルを
取るのであれば、そこをチーム全体として『戦える集団』にして行かなければならないと
なかなか厳しいというのが、自分自身の率直な反省と課題だと思っています。


【観客数】717人

【本日の試合動画】
http://www.nadeshikoleague.jp/2018/nadeshiko1/match_page.html?mno=87

----------------
2018プレナスでしこリーグは、本日の試合をもって終了しました!
INACは第2位で、満足の行く結果ではありませんでしたが
最後まで応援をしてくださったファン・サポーターの皆さん、ありがとうございました。

次回より
いよいよ2018シーズン締めくくりの
皇后杯がスタートします!!

11月25日(日)
三木防災公園陸上競技場
14:00キックオフです!

引き続き熱い応援をどうぞよろしくお願いいたします!

前のページへ戻る
OUR SPONSORS
もっとみる