日本女子サッカーリーグ
ベガルタ仙台レディース
浦和レッドダイヤモンズレディース
ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
日テレ・ベレーザ
日体大 FIELDS 横浜
ノジマステラ神奈川相模
アルビレックス新潟レディース
AC長野パルセイロ・レディース
伊賀フットボールクラブくノ一
INAC神戸 レオネッサ

Matchday Program マッチデープログラム

INAC神戸 オフィシャルマッチデープログラム Eyes

GAMES EYES!!

TODAY’S MATCH!! TODAY'S MATCH! 本日の試合

INAC神戸レオネッサ ロゴ INAC神戸レオネッサ I神戸 VS 日体大FIELDS横浜 ロゴ 日体大FIELDS横浜 F日体大

2019/03/21 MAR 13:00

ノエビアスタジアム神戸

Today’s Focus!! 本日の試合の観どころ

王座奪還を目指すINACの新たなシーズンが、いよいよ幕を開ける!昨シーズンはリーグ戦、カップ戦、皇后杯の3大タイトルをすべて2位でフィニッシュしたものの、リーグ戦18試合の総得点45、得失点差+34は1部10チーム中トップの数字。特に得点数は2017年シーズンの31から大きく伸びた。髙瀬愛実と京川舞が6得点でチーム得点王を分け合い、中島依美、杉田妃和、イ ミナ、仲田歩夢は5得点で続いた。5得点以上の選手が6人もいるのはINACだけだ。
飛び抜けたゴールハンターに頼るのではなく、多彩な顔ぶれによるバリエーション豊かな得点シーンはINACの大きな魅力だ。「1年間、攻撃力を前面に押し出したチーム作りをしてきた中で、皇后杯では確かな手応えを感じることができました」と鈴木俊監督もチームの成長を実感。今シーズンについては「しっかりつなぐサッカー、縦に速いサッカー、両方できるチーム作りを行い、何としてでもタイトルを獲得し、応援してくださっている方たちと笑顔で終わりたいと思います」と抱負を語った。その分厚い攻撃力にさらに磨きをかけ、歓喜のゴールをたくさん観客に届けてくれることだろう。
また、18日のリーグ開幕記者会見に登壇した守屋都弥は、怪我も癒えて開幕戦を心待ちにしている様子。「たくさんのサポーター、ファンのみなさんと一緒に勝利をつかみたいです」と意気込みを語った。
今日の対戦相手は日体大フィールズ横浜(F日体大)。大学を母体としたクラブで、メンバーは現役学生および卒業生を中心に構成されている。GKの福田まいはINACのMF福田ゆいと双子の姉妹、またDFの毛利美佑は昨季までINACの下部組織(INAC神戸レオンチーナ)に所属していた選手なので、姉妹対決、古巣対決が見られるかもしれない。
F日体大のキャプテン嶋田千秋は今日のINAC戦に向けて「昨シーズンの残留争いで精神的に鍛えられた。泥臭く、粘り強く戦うことで、勝つ可能性を少しでも手繰り寄せたいです」と意気込みを語った。
最後に、INACの開幕戦にまつわるデータをいくつかご紹介しよう。
2006年の1部昇格以来、INACの開幕戦通算成績は8勝5敗。リーグ初優勝を飾った2011年以降は7勝1敗で、現在4連勝中だ。13年間で生まれた開幕戦ゴール数は29。現在INACに所属する選手の中で最も多くの開幕戦ゴールを挙げているのは髙瀬(5得点)だ。今年はどの選手がゴールを飾ってくれるだろうか。
さあみなさん、応援の準備はできましたか?
Are you ready? まもなくキックオフです!

文:江橋よしのり

Play Back!! プレシーズンマッチ振り返り

プレシーズンマッチ「沖縄Family Mart Dream Match 2019」
開催日時:2019年2月17日(日)11:30開場 13:00キックオフ
会 場:糸満市西崎陸上競技場 (沖縄県糸満市西崎町3-1)

第1試合
INAC神戸レオネッサ4-0ヴィクサーレ沖縄FCナビィータ(45分1本)
得点:鮫島(5),イ ミナ(8),増矢(36),京川(45)

第2試合
INAC神戸レオネッサ0-0慶州韓国水力原子力蹴球団(45分1本)





 
2月中旬、沖縄県で行われたキャンプの終盤にプレシーズンマッチ(45分1本勝負を2試合)を開催。第1試合の先発メンバーにはGK武仲、DF鮫島・三宅・羽座・高瀬、MF杉田・伊藤・水野(新加入)・中島・イ ミナ、FW河野(新加入)が名を連ねた。開始早々、鮫島のクロス気味のシュートで先制したINACは、中島の右からのクロスにイ ミナが頭で合わせて追加点。途中出場の増矢は高い位置でボールを奪って自らシュート、そして終了間際には京川がドリブルでシュートコースをこじ開けダメ押しのゴールを決めた。
第2試合はGK田尻(新加入)、DF鮫島・三浦(新加入)・三宅・牛島、MF中島・杉田・八坂(新加入)・増矢・島袋、FW京川が先発。両軍無得点ながら新加入のセンターバック三浦が、相手の大型FWを封じ込め見せ場を作った。
文:江橋よしのり
写真:後藤大輝

チームデータ

INAC神戸レオネッサ ロゴ INAC神戸レオネッサ
監督: 鈴木 俊
No. Pos Player Memo
1 GK 武仲 麗依 -
2 DF 守屋 都弥 副キャプテン
3 MF 鮫島 彩 -
5 DF 三宅 史織 -
6 MF 伊藤 美紀 -
7 MF 中島 依美 キャプテン
8 MF 杉田 妃和 -
9 FW 増矢 理花 -
10 FW 岩渕 真奈 副キャプテン
11 FW 髙瀬 愛実 -
13 MF 仲田 歩夢 -
14 FW 京川 舞 -
15 DF 羽座 妃粋 -
16 DF 三浦 紗津紀 新加入
17 MF イ ミナ -
18 FW 河野 朱里 新加入
19 DF 牛島 理子 -
20 MF 福田 ゆい -
21 GK スタンボー 華 -
22 FW 島袋 奈美恵 -
23 MF 吉田 凪沙 新加入
24 FW 水野 蕗奈 新加入
26 MF 天野 紗 新加入
28 MF 八坂 芽依 新加入
31 GK 田尻 有美 新加入
日体大FIELDS横浜 ロゴ 日体大FIELDS横浜
監督: 小嶺 栄二
No. Pos Player Memo
1 GK 福田 まい -
2 DF 下山 莉子 -
3 DF 髙橋 恵美理 -
4 DF 瀬野 有希 -
5 MF 渡邊 真衣 -
6 MF 今井 裕里奈 -
7 MF 三浦 晴香 -
8 MF 茨木 美都葉 -
9 FW 児野 楓香 -
10 MF 嶋田 千秋 -
11 FW 江﨑 杏那 -
12 GK 水口 茉優 -
13 DF 毛利 美佑 -
14 DF 橋谷 優里 -
15 MF 奥津 礼菜 -
16 DF 関口 真衣 -
17 MF 住永 楽夢 -
18 MF 伊藤 さくら -
20 FW 李 誠雅 -
21 DF 金平 莉紗 -
30 GK 伊能 真弥 -

予想スターティングメンバー

INAC神戸レオネッサ ロゴ INAC神戸レオネッサ I神戸 VS 日体大FIELDS横浜 ロゴ 日体大FIELDS横浜 F日体大

注目選手 MF 中島依美

 

 

 
MF 中島依美
昨季に続き、MF中島依美がキャプテンマークを巻く。率先して声を出してチームを引っ張るタイプではないが、2年連続のキャプテンについて聞くと「正直、嫌やなっていう気持ちと、もう1年やってみようというのが半々だった」。意外な答えが返ってきた。
中島をもう1年、という思いにからせたのが、タイトルへの強いこだわりだ。昨季は、なでしこリーグ、なでしこリーグカップ、皇后杯と全て2位。リーグ戦にいたっては3連覇した2013年から5年も頂点から遠ざかっている。「新たなメンバーと優勝したい気持ちがあった」と、頂点に立つために、再び重責を引き受けた。
正確なキックが武器で、チャンスと見れば、迷うことなく振り抜く右足でこれまで幾度となくゴールネットを揺らしてきた。高い攻撃力を誇る一方で今季、中島が課題に挙げるのが守備だ。「前からの守備は大事。もう少し指示を出し、うまくやっていけたら」と語る。実際に昨季を振り返ると、45点の総得点は優勝した日テレ・ベレーザの「38」を上回りながら、総失点は日テレの「6」に対して「11」と約2倍。優勝を分けた一因ともなった。
INAC神戸としてのタイトル奪還とともに、中島に期待がかかるのが、6月に開幕するワールドカップ(W杯)フランス大会で、なでしこジャパンを世界一に返り咲かせること。日に日に代表での存在感も増し、初のW杯出場も現実味が帯びてきた。「簡単な試合はないが、目標は優勝。とにかくやるべきことをやるだけ」と、勝負の1年を迎えようとしている。
文:丹下友紀子

PAGE TOP