MATCH 試合

2022-23 Yogibo WEリーグ

INAC ○4 - 2● ジェフユナイテッド市原・千葉レディース

10/30 SUN 13:00

ノエスタ

開催日時
2022年10月30日(日)13:00キックオフ
会場
ノエビアスタジアム神戸
対戦相手
ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
公式記録
公式記録

試合結果

2022-23 Yogibo WEリーグ 第2節
INAC神戸レオネッサ 〇4-2● ジェフユナイテッド市原・千葉レディース

【試合開催日時】
2022年10月30日(日)13:03

【会場】
ノエビアスタジアム神戸(兵庫県)

【観客数】
1,508人

【得点者】
25分:井上千里(千葉L)
59分:髙瀬愛実(I神戸)
61分:田中美南(I神戸)
64分:鴨川実歩(千葉L)
69分:髙瀬愛実(I神戸)
85分:成宮唯(I神戸)

【INAC神戸レオネッサメンバー】


【ジェフユナイテッド市原・千葉レディース】
<STARTING MEMBERS>
GK 清水栞
DF 大熊環
DF 石田菜々海
DF 市瀬千里
DF 田中真理子
MF 今井祐里奈
MF 岸川奈津希
DF 井上千里
MF 鴨川実歩
FW 大澤春花
FW 大滝麻未
<SUBSTITUTE PLAYERS>
GK 程思瑜
DF 蓮輪真琴
FW 今田紗良
MF 藤尾きらら
MF 十川ゆき
FW 広瀬桜
DF 城和怜奈

【選手交代】
I神戸)
79分:OUT髙瀬愛実/IN阪口萌乃
89分:OUT脇阪麗奈/IN山本摩也

千葉L)
61分:OUT大滝麻未/IN広瀬桜
71分:OUT田中真理子/IN蓮輪真琴
84分:OUT井上千里/IN今田紗良
84分:OUT大澤春花/IN城和怜奈

【警告】
63分:三宅史織(I神戸)

【試合後監督質疑応答】
朴康造 監督

-試合を振り返って
相手はすごくいいチームだということはわかっていたので、難しい試合になると思っていました。前半は攻めあぐねる形でなかなかチャンスを作れなかったのですが、後半はいい形でサイドから崩すことができて、狙い通りな展開で4点を取ることができたので、非常にいい試合になったと思います。

-前半は中央を固められ、両サイドも厳しくこられてマンツーマンでやられていたというのがすごく目立っていました。その部分を後半は改善できた要因、どんな指示を出されたのか教えてください。
後半に臨むにあたり、サイドが起点というのは基本変わらないのですが、さらにサイドチェンジで相手を揺さぶりながら、また中央につけていこうという指示を出しました。難しい状況でも髙瀬愛実 選手が中央でボールを受けることで、相手が絞ることでまたスペースが開くという意図を伝えることができて、そこからサイドが開いて良い形ができたと思います。

-今年のINAC神戸はアグレッシブにというのをずっと話されていて、結果的に2点は取られましたが4点を取れた「アグレッシブさ」が見えた試合だと思いますが、いかがでしょうか。
4点を取れたのは大きな自信になりますし、先制されても逆転できるというチームの空気感もありましたので、自信になりますし、これからも今のスタイルをブレずにやり続けていきたいと思います。

【試合後選手コメント】
FW 髙瀬愛実 選手

-前半は千葉Lの守備が堅く、苦しんでいたところがあったと思いますが、後半4ゴールを奪っての勝利はどうですか?
相手の守備が堅く、5バックのような感じだったので、自分たちの良さでもあるウイングの強さを消しにきていたのですが、外からの攻撃で相手に負荷をかけていけば後半はいけるという共通認識があり、サイドからゴールもうまれて良いゲームができたのではかなと思います。

-今日の試合のようなアグレッシブな戦い方は昨季と違いますか?
今季はより攻撃的にをテーマに掲げているので、失点はしてしまいましたが得点を奪うこだわりの方が強いです。今日4得点というのはプラスだったな、と。狙い通りのゲーム運びだったと思います。

-先制を許し、逆転するという試合は去年もあまりなかった。
昨季は失点が少なく、その守備の堅さと1点を守り切る、1点を決めきるという戦いになっていたので、また別ものではあるかなと思います。とられても取り返せる力を形にできたのは、なんだろう……うれしかったです(笑)。

-アグレッシブなサッカーをしているので1点を取られても、慌てないし、取り返せるという雰囲気がチームにありますか?
今日その雰囲気を作れたのかなと。攻撃的にいく中で1点を取られてしまい、そこから取り返せるのか、巻き返せるのかというのが今季はやっていきたいところで。失点してしまってOKではないですが、それ以上の攻撃をできたのかなと思います。

DF 守屋都弥 選手

-前半は右サイドを使わせてもらえない状況で、相手の守備もあったと思いますが、そのモヤモヤを後半に吹っ切った感じがあったかと。前半はいかがでしたか?
前半はボールがくるのが少ない分、ボールを失わないようにしながら、自分でボールを奪ってシュートを打ったのですが、(成宮)唯さんにあたってしまって。そういう部分を含め、あまり右はやり切れていない感じだったので、後半やっぱり変えなきゃなという気持ちでした。

-後半、髙瀬選手の得点から始まり、今季のINAC神戸の特徴でもある両サイドをワイドに使い、リズムが出たと思いますがどうですか?
ふっき(水野蕗奈)もぐいぐい仕掛けてくれますし、私もクロスに合わせるという形は今年のチームの色でもありますし、どんなに相手がウィング対策してきても、結局はワイドからクロスで得点しているのが前節(大宮V戦)と今節(千葉L戦)なので、繰り返していかなきゃなと思います。

-朴康造監督は右サイドのスペシャリストで、かなり守屋選手も朴監督から教えてもらい、クロスの精度がすごく上がっているイメージがありますが。
自分はあまりドリブルが得意ではないので、抜ききらなくても、クロスの上げ方というのを一回教えてもらい、やっぱり康造さんはすごいなと思います。

-その成果が2試合ともアシストを決めてでているのかなと思いますが、実感がありますか?
クロスの質は自分でもいい方だなと思っていて。今日のようにゴールにつながるクロスをどんどん上げていきたいです。

-サイドの選手として攻撃でどんどんいけるのはやりがいもありますが、かなりのハードワークを強いられるかなと思います。
攻撃でも守備でも自分が走らなくて得点されてしまったり、クロスでも攻撃の時にボールがこぼれて自分が走っていれば取れたという後悔をするのがすごく嫌で。なのでハードワークできているのかなと思います。

【試合PHOTO】































写真:中辻颯太

【試合見逃し配信:DAZN】
https://www.dazn.com/ja-JP/p/WE_kobe/

____________________________
【次戦のお知らせ】
2022-23 Yogibo WEリーグ 第3節
11月6日(日)12:00~13:20
WE ACTION DAY
淡路島 国営明石海峡公園(兵庫県)

2022-23 Yogibo WEリーグ 第4節
11月26日(日)14:00キックオフ
vs.サンフレッチェ広島レジーナ
広島広域公園第一球技場(広島県)

PAGE TOP

Sponsors スポンサー