MATCH 試合

2023-24 WEリーグ

INAC △1 - 1△ 大宮アルディージャVENTUS

12/13 WED 16:00

ノエスタ

開催日時
2023年12月13日(水)16:00キックオフ
会場
ノエビアスタジアム神戸
対戦相手
大宮アルディージャVENTUS
公式記録
公式記録

試合結果

2023-24 WEリーグ 第3節
INAC神戸レオネッサ 1-1 大宮アルディージャVENTUS

【試合開催日時】
2023年12月13日(水)16時3分

【会場】
ノエビアスタジアム神戸(兵庫県)

【観客数】
806人

【得点者】
53分:阪口萌乃(大宮V)
84分:桑原藍(I神戸)

【INAC神戸レオネッサメンバー】


【大宮アルディージャVENTUS】
<STARTING MEMBERS>
GK 21 スタンボー華
DF 6 有吉佐織
DF 5 乗松瑠華
DF 4 長嶋洸
DF 3 鮫島彩
MF 15 林みのり
MF 18 田嶋みのり
MF 13 仲田歩夢
MF 11 阪口萌乃
MF 26 杉澤海星
FW 9 井上綾香
<SUBSTITUTE PLAYERS>
GK 1 望月ありさ
DF 2 坂井優紀
DF 23 久保真理子
MF 10 五嶋京香
MF 19 船木里奈
FW 16 北川愛莉
FW 33 大島暖菜

【選手交代】
I神戸)
46*分:OUT 山本摩也 / IN 愛川陽菜
58分:OUT 成宮唯 / IN 髙瀬愛実
68分:OUT 松原優菜 / IN 桑原藍

大宮V)
74分:OUT 仲田歩夢 /IN 大島暖菜
74分:OUT 井上綾香 /IN 船木里奈
89分:OUT 田嶋みのり /IN 五嶋京香
90+3分:OUT 阪口萌乃 /IN 坂井優紀

【警告】
35分:林みのり(大宮V)
61分:有吉佐織(大宮V)
90分:守屋都弥(I神戸)

【試合後監督質疑応答】
ジョルディ・フェロン 監督

―試合を振り返って
両チームとも勝負に対して、戦う気持ちが見える試合だったと思います。前半は大宮Vさんは中盤を固めて、締めてプレーしてきてました。こちらとしてはそこをうまく運び出していきたいと思っていたのですが、うまくできなかったです。選手たちも前半に、サイドの空いてるスペースを狙って攻撃をしていくべきだということに気がついてくれたら良かったのですが、前半はそれができていなかったです。
後半はうまく攻撃ができていたと思います。敵陣でプレーする時間も長かったですし、チャンスも多く見られました、その中で、カウンター攻撃を受けてしまい、それにうまくディフェンスができてなかったところで失点が生まれました。そこから、何とか取り返そうという闘志あふれるプレーは非常に良かったと思います。そして、追いつくことができました。また、逆転のチャンスもありましたが、それができなかったのは少し残念に思います。

―ハーフタイムでの指示は?
相手もスカウティングをして、お互いの戦い方をかなり研究していました。前半でやろうとしたプランがうまくいかなかった場合は、後半に向けて指示を与えていくわけですが、後半頭から愛川陽菜選手を出すことにしました。彼女には、もう少し相手のスペースを攻撃するということを求めて指示は出していました。チーム全体に対しても相手がかなりラインを高く上げて中盤を狭くしてコンパクトにしてたので、その中を崩していくというのができてなかったです。裏のスペースをもう少し狙っていくように求めていました。

―後半途中でシステム変えた意図は?
5バックで守っていれば、ある程度は安定感がある守備ができると感じてます。しかしながら、リードされた中でシステムを変えて臨みました。狙いとしては、もう少し高い位置からプレスをかけることでした。後ろの一枚外す(前線に人数をかける)システムに変更することによって、少しハイプレスをかけて前からボールを奪いにいくということが狙いでした。

―後半途中から投入した桑原藍選手がゴールを決めました
将来性がある選手だと思っています。サイドで出場してもらいましたが、ヘディングも強い、中央のポジションで使ってもうまくプレーできる選手だと思っています。
チーム内には良い選手がたくさん揃っていますが、どの選手に関しても落ち着いて自分の持っているプレーをしっかり出してもらいたいと希望します。

―ここまで5試合が終わりました。監督の手応えは?
これまでの5試合はどの試合もチャンスを多く作れています。今日の試合も含め、失点も少なくできているのはチーム自体の底上といいますか、とても良い形で成長していますし、良い方向に向かってきていると思います。これからもチャンスを多く作ること、敵陣でプレーする時間を長くするということが、とても大事だと思います。その上でチャンスを作って、最後決め切るということをチームとして求めていかないというといけないと考えています。

【選手コメント】
FW 田中美南 選手

―試合を振り返って
自分たちの良さを徹底的に消してきたなと思いますし、それをうまく打開できなかった感じがあり、そのままズルズルと守られてしまいました。最後は執念で追いつけて、負けなかったってことは良かったですけど、勝って気持ちよく首位といかなかった気持ちがたくさんで、悔しいです。

―勝って首位を意識していましたか?
はい。意識していました。優勝するには、勝点がすごく大事なので、大宮に勝つつもりで臨んでたので、先制されてギリギリで引き分けは、チームとして目指すべきところではなかったので、やはり悔しさが残る試合でした。

―今日、難しい試合となったのは?
前半は相手のサイドバックがこちらのウイングバックの裏を警戒して、あまり上がってこないで、ウイングバックの裏を結構警戒していました。(北川)ひかる(選手)がそのギャップで裏を取れたシーンはありましたが、(守屋)都弥(選手)のところは徹底的に裏を警戒されていました。なので、センターバックと相手のサイドバックの間のギャップのところで、自分が外に流れながらボールをもらおうと意識したのですが、そのアクションがちょっと足りなかったです。自分も含めて、足元に(ボールが)入ったときに誰が裏に出るのかなどのチームとしての共通認識がうまくできてなかったと思います。ビルドアップするためにインサイド(ハーフ)が降りてましたが、降りるだけじゃなくてやっぱそこの裏に走ってもよかったなかなと思います。相手のハイラインの中で、自分たちが足元にこだわりすぎちゃったのかなと思います。

―先制されて焦りはありましたか?
タカさん(髙瀬愛実選手)が入ってきて、ハイボールをしっかり収めてくれてたので、より前に推進力が増したと思います。放り込むだけじゃなくて、繋ぎながら(攻める)というのは難しいところですけが、同点に追いついたシーンは(中央にボールを)放り込んだからこそリフレクションがあって、守備が堅いチームに対しては相手に当たってとか、ギリギリのこぼれ球を拾ったところでゴールが生まれると思っていました、最後の最後は前線に放り込む形になりましたけど、その段階になる前にもう少し早く手を打ちたかったなと思います。

―今年も皇后杯を含めて残り2試合。どんな一年でしたか?
あっという間に1年が終わってしまったという感じです。自分にとってはコンディションが良く臨めましたし、ワールドカップも、WEリーグもだいい年ではあったのですが、2024年はもっと結果を求める年にしたいです。
チームの優勝と個人のタイトル。そしてパリ五輪。なでしこジャパンではまず北朝鮮にしっかり勝って、パリ五輪本戦でも結果が出せるように自分としてやっていきたいです。

FW 桑原藍 選手

―監督からどのような指示を受けてピッチに入りましたか?
サイドを大きく使おうと。サイド攻撃をもっと増やすというのと、クロスを入れていこうと指示がありました。クロスはあまり入れることができませんでしたが、ゴールに向かうという姿勢は見せられたかなと思います。

―ゴールシーンを振り返ってください
前に入りすぎてしまい、ボール自分の思うように(ヘッドで)当たらなかったのですが、それが逆に良かったのかなと。もう少し格好良く決めたかったのですが、決まって良かったです。

―WEリーグ初ゴールに対してチームメイトからはどのような声がけがありましたか?
おめでとう!もうちょっと格好良く決めてよ、と髙瀬(愛実)さんから言われました(笑)。

―監督からも伸びていく選手だと仰っていました。どのような選手になっていきたいですか?
まずはこのチームで欠かせない選手になるというところは、目指していきたいんです。その階段を登った先に代表とかもあると思いますので、まずはこのチームに貢献できるような選手になりたいなと思います。

―17日に皇后杯5回戦があります。意気込みをお願いします
前回大会は準優勝という形で終えて、私はピッチではなくスタンドから応援していたので、皇后杯は負けられない戦いになりますので、しっかり勝ちきって優勝したいと思います。

【試合PHOTO】































_________________________
【次戦/ホームゲームのお知らせ】
2023-24 WEリーグ 第6節
2023年12月23日(土) 14:00キックオフ
vs.セレッソ大阪ヤンマーレディース
ノエビアスタジアム神戸(兵庫)
チケット販売中 ▶ https://inac.tstar.jp/

PAGE TOP

Sponsors スポンサー