MATCH 試合

皇后杯 JFA 第45回全日本女子サッカー選手権大会

INAC ○2 - 0● アルビレックス新潟レディース

01/14 SUN 13:00

三木陸

開催日時
2024年1月14日(日)13:00キックオフ
会場
兵庫県立三木総合防災公園陸上競技場
対戦相手
アルビレックス新潟レディース
公式記録
公式記録

試合結果

皇后杯 JFA 第45回全日本女子サッカー選手権大会 準々決勝
INAC神戸レオネッサ(WEリーグ/兵庫県) 2-0 アルビレックス新潟レディース(WEリーグ/新潟県)

【試合開催日時】
2024年1月14日(日)13時00分

【会場】
兵庫県立三木総合防災公園陸上競技場(兵庫県)

【観客数】
610人

【得点者】
3分:北川ひかる(I神戸)
52分:田中美南(I神戸)

【INAC神戸レオネッサメンバー】


【アルビレックス新潟レディースメンバー】
<STARTING MEMBERS>
GK 1 平尾知佳
DF 32 白沢百合恵
DF 4 三浦紗津紀
DF 25 加村ななみ
DF 7 園田瑞貴
MF 18 石田千尋
MF 10 上尾野辺めぐみ
MF 13 杉田亜未
FW 19 川澄奈穂美
FW 17 滝川結女
FW 8 石淵萌実

<SUBSTITUTE PLAYERS>

GK 21 高橋智子
DF 2 浦川璃子
DF 31 白井ひめ乃
MF 3 ブラフ シャーン
MF 5 川村優理
MF 6 柳澤紗希
FW 9 児野楓香

【選手交代】
I神戸)
64分:OUT 愛川陽菜 / IN 髙瀬愛実
90+1分:OUT 成宮唯 / IN 増矢理花
90+4分:OUT 守屋都弥 / IN 井手ひなた

新潟L)

57分:OUT 石田千尋 / IN 川村優理
67分:OUT 加村ななみ /IN 浦川璃子
67分:OUT 白沢百合恵 /IN ブラフ シャーン
67分:OUT 上尾野辺めぐみ /IN 白井ひめ乃
80分:OUT 滝川結女 /IN 児野楓香

【警告】

52分:加村ななみ(新潟L)
90+3分:髙瀬愛実(I神戸)

【試合後監督質疑応答】
ジョルディ・フェロン 監督

―試合を振り返って
とても満足してます。試合後に選手たちに伝えたばかりですが、今シーズンで一番良い試合をしたのではないかなと思います。ディフェンス面でもしっかり守れていましたし、自分たちの意図するボールを繋いでプレーするということができていました。攻撃面ではもう少し点差をつけられるシーンも見られましたが、とても満足しています。

―今日のポイントは?
このチームの強みは攻守で良く走れるウイングバックがいてくれるところだと思います。今日の試合に関しては、他の選手の活躍も目立ちました。センターバックの三宅(史織)選手、土光(真代)選手もよくやってくれてましたし、山下(杏也加)選手の素晴らしいセーブもありました。前戦では田中美南選手もよく頑張って得点に絡むシーンも多くあり、その辺が良かったと思います。
またウイングバックの守屋(都弥)選手は、なでしこジャパンの代表選手に招集されてるぐらいですし、今日もそれが良く見えたと思います。北川(ひかる)選手は今シーズンとても良い内容のプレーができている試合が多くあり、彼女もそれを感じているはずだと思います。

―ここまでWEリーグ最少失点の守備陣に関しては?
山下選手はこのカテゴリーで最も突出した素晴らしいゴールキーパーだと思います。また、先ほど名前を挙げた三宅選手、土光選手の頑張りもよく見えていますし、竹重(杏也加)選手もまだ若いプレーヤーですが、経験をしっかり積んで、成熟した落ち着いたプレーを試合で出しててくれていますよ。
中盤のボランチに松原(優菜)選手が入っています。彼女がうまくプレーできていることでチームのバランス取りがうまく守備にも出ています。守備面ですごく安定しているので、両サイドのウイングバックを高い位置で攻撃に参加できることが強みになっています。
インサイドハーフの成宮(唯)選手と天野(紗)選手がディフェンス面での貢献が中盤を支えてくれていますし、前からしっかりボールを追うことで(チーム全体が)機動力を生かしてプレーしてくれています。

―準決勝(ちふれASエルフェン埼玉戦)に向けて
なかなか簡単ではない試合になると思います。東京NB(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)さんに勝って、(準決勝に)上がってきているわけですから、(今日も)とても良いプレーが見られたのではないかと想像します。WEリーグのサッカーはかなり拮抗しています。ですので、今日頑張ってくれ選手たちを明日少し休ませて、次に向けて良い準備をして、次の試合に臨んでいきたいです。

【選手コメント】
FW 田中美南 選手

―試合を振り返って
前半は特に良かったですし、自分がINAC神戸に来てから一番良いゲームだったかなと感じます。みんな1人1人が良かったですし、負ける気はしなかったので、良いゲームができたなと。後半はちょっと押しこまれる時間帯がありましたけど、チャンスも多くありましたし、良いゲームでした。

―良かった要因は?
チームの戦術がハマったかというのはもちろんあるのですが、試合に入る時のモチベーションだとか、絶対負けないという気持ちの部分で、普段以上の選手(の動き)が見えていましたし、それが空回りすることなくちゃんと実力として出た試合でした。それぞれのバトルとか、ゴールとか、守備のところとか、ちゃんと気持ちだけじゃなくて、結果に結びついていたので全員良かったと思います。
3バック、5バックを使い分けて失点しないことが大事ですし、その中でチャンスも作れています。両ウイングバックが走るからこそ攻撃にも参加できています。守備は堅く、攻めにも厚みが出るのはこのチームだからできてることだと思います。

―ご自身のゴールシーンを振り返って
ゴールを決めて守備陣を楽にしてあげたいって思っていました。それができるのがフォワードだと思います。(守屋)都弥(選手)があの場面でしっかり上がってくれて、(ボールが)こぼれて来ると信じてましたし、ボールが来たら相手に体をぶつけてターンして打ってやるって自分の中で決めていたので思い通りにできました。久しぶりのゴールで嬉しかったでし、心からも良かったなぁと思いました。

―先制点ではチームの特徴が見られました
両ウイングバックがゴール前まで入れるし、(守備にも)戻れるところが強みです。自分が中を見た時に(北川)ひかるが入ってきてくれて、そこまでは来れるのはやはりすごいなって、強みだし頼もしい部分ですね。ひかるも古巣相手に決めてくれて、自分も嬉しかったです。

―皇后杯のタイトルへ向けて
昨年の決勝は怪我があって、力になれなかったので、まずは次のEL埼玉戦で今日の良かったゲームを平均的にはこれができるようにチームとしてやっていきたいです。

MF 北川ひかる 選手

―先制したゴールシーンを振り返ってください
右から攻めていて、自分がクロスに入っていくところで、(田中)美南さんの結構ライン際ギリギリだったので、ファーサイドは無いかなと思い、ニアに突っこんでいったら、良いところにボールが来たので、合わせるだけでした。良い感じに当たって良かったと思います。
ウイングバックが(中に)入るのは、このチームのポイントだと思います。ファーサイドで待ってることが多いのですが、(あの場面は)枚数的に(中に選手が)いなかったので合わせにいこうと結構突っこんでいきました。

―安定した試合運びに見えましたが
全体として新潟Lよりも出足が早くて、ボールを取られても取り返したり、自分たちの方が全ての動きにおいて一歩早かったなと思います。
全体的に左側に全然ボールが来ない時間帯もあったりしましたし、右側でのサッカーばかりになっていました。中ではしっかりマークつけていましたし、危ない場面は数回しかなかったので、失点ゼロは良かったなと思います。

―準決勝の相手(ちふれASエルフェン埼玉)の印象は?
守備が堅いなと思います。両ウイングがこのチームの翼になって、機能していかないとと思いますし、自分の貢献度がチームの結果を左右するかと思います。

―ご自身初のタイトルに向けて
リーグ戦は絶対取ると考えていますし、今日の戦いを見ても自分たちがいるべき場所は絶対タイトルを取ることだと思うので、そこに向けて次の試合もいい準備してがんばりたいなと思います。

―能登半島地震に関して
前節のリーグ戦で東京NB(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)に勝った後のインタビューでもお話しましたが、そういう(地元への)思いがあった中で、今回は笑顔で終われたら良いなと個人的に思っていました。結果が出て、自分もゴールを取ることができましたし、今日こそは元気づけられたんじゃないかなと思います。
和倉温泉の方などにはよく行ってましたし、被害が大きくて...。復興には時間がかかるのかと思いますし、自分も帰った時にはしっかりとやれることをやって、ボランティアでもやりたいなって思っています。

―今いる神戸も阪神淡路大震災の被害が大きかった地域です
自分のSNSにも神戸の震災を経験してますとコメントを下さる方も多くて、その方々の支えも感じていますし、チーム(選手、スタッフ)も「一緒に頑張ろう」って立ち上がってくれているので感謝しかないです。

【試合PHOTO】

































_________________________
【次戦のお知らせ】

皇后杯 JFA 第45回全日本女子サッカー選手権大会 準決勝
2024年1月20日(土) 11:00キックオフ
vs.ちふれASエルフェン埼玉
サンガスタジアム by KYOCERA(京都府)
チケット発売中 https://www.jfa.jp/match/empressscup_2023/ticket.html

PAGE TOP

Sponsors スポンサー