日本女子サッカーリーグ
ベガルタ仙台レディース
浦和レッドダイヤモンズレディース
ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
日テレ・ベレーザ
日体大 FIELDS 横浜
ノジマステラ神奈川相模
アルビレックス新潟レディース
AC長野パルセイロ・レディース
伊賀フットボールクラブくノ一
INAC神戸 レオネッサ

NEWS ニュース

【INAC神戸U-15】アカデミーカップおよび関西リーグの結果

○ U-15なでしこアカデミーカップ2019




【開催日時】
2019年6月16日(日)11:00

【会場】
京都市西京極総合運動公園陸上競技場

【結果】
バニーズ京都SC flaps ○ 2−1 ● INAC神戸U-15

【得点者】
29分:山本花梨

【スターティングメンバー】
GK:12山本梨乃
DF:2永井萌夏、22永井涼夏、17中井星良、23廣崎心
MF:6倉元美鈴、16国本結月、24山本花梨
FW:15井上琴葉、14山本夏葉、13池田春菜

【リザーブメンバー】
GK:21森早苗
DF:3奈須遥
FW:11永山梨花

【交代】
HT:24山本花梨→奈須遥
   15井上琴葉→11永山梨花


○ 関西女子サッカーリーグ2部



【開催日時】
2019年6月16日(日)15:00

【会場】
J-GREEN堺 S15

【結果】
大阪市レディース ○ 6−0 ● INAC神戸U-15

【スターティングメンバー】
GK:12石井玖美
DF:15菊川友華、22三浦奏里、50井上楓音、20時桜帆
MF:14今井莉子、19寺田心春、53辰巳奈々羽、56西村ひなた
FW:16宍倉由夢、17嶋本眞央

【リザーブメンバー】
MF:23山嶋日花
FW:18田中さら

【交代】
HT:14今井莉子→山嶋日花
   56西村ひなた→18田中さら

【監督コメント】
今シーズン初のアカデミーカップは選手権予選で出場機会があまりなかった選手を中心に挑みました。
試合に出れていなかった悔しさや、試合に出れる喜びをぶつけてくれることを期待しましたが、良いところはほとんどなかったです。
しかし、開始早々に失点を重ね対応に時間がかかる中、予選で確実に経験を積んだCB永井涼夏がリーダーシップを発揮し、相手を観てどう変化すべきかコミュニケーションを積極的に取り、一定の局面での改善をしっかりできたことは非常に評価すべきポイントでした。
また、今回出場した1年生3名について、前回出場したゲームから間があいておりゲームの強度に対応できるか不安がありましたが、全員が想定を上回る素晴らしいプレーを見せてくれました。
得点も1年生山本花梨のしっかり芯を捉えたミドルシュートで、失点して落ち込みそうなチームに活気を与えてくれました。
そういった収穫がある中でも、チームとして勝利するためには全員の共通理解と共存は欠かせないものであり、役割やチームプレーを感じれない選手がいたことがゲームを難しくし、そこを改善できなかったのは私の反省です。
自分の力を発揮するために、11人の中の1人として輝くために何が必要か、日々のTRから創意工夫をしていきたいと思います。

関西リーグは1年生を中心に、ほとんどの選手が公式戦初出場となりました。
彼女たちにとっては大人相手の公式戦はまだ未知の世界、相手が100%でくるなら自分たちは150%以上出さないと敵わないと、ゲームに挑む姿勢を強く求めました。
まだまだTRできていないことが多く、相手のロングボールにも苦戦を強いられましたが、球際で粘り強くボールを奪おうという姿勢や、ゴールに向かうために必死で走りきる姿勢は胸を打つものがありました。
今日のサッカーに対する姿勢を忘れないように持ち続けることが今後の選手たちにとって一番大切なことだと思いますし、公式戦経験の重要性を改めて感じたゲームでもありました。
夏の全国大会までに、アカデミーカップと関西リーグが続きますので、しっかりと底上げをしていきたいと思います。

【今後の試合予定】
関西女子サッカーリーグ2部
6月23日(日)12:10KO   vsBASARA甲賀レディース
@水口スポーツの森

 

PAGE TOP