NEWS ニュース

「オンライン絆の授業」を行いました(2月9日実施)

2月9日(火)午後、ホームタウン活動の一環としてオンラインで「絆の授業」を実施しました。「絆の授業」は、神戸市との事業で平成28年度より毎年、神戸市内の小学校に選手が訪問し、「友情の素晴らしさ」「仲間を尊重する気持ちの大切さ」を子供たちに伝えながら児童と交流する特別授業を行っています。今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止により、学校訪問ではなく、オンラインで実施しています。

今回は神戸市内にある樫野台小学校、月が丘小学校(西区)、向洋小学校(東灘区)にて、INAC神戸やWEリーグの紹介、仲間や夢について、児童からの質問に答えるなど約45分間の特別授業で交流をはかりました。

 樫野台小学校 

(左から)1組を担当した長江伊吹選手、水野蕗奈選手、髙瀬愛実選手


(左から)2組を担当した中島依美選手、阪口萌乃選手

 月が丘小学校 

(左から)担当は長江伊吹選手、水野蕗奈選手、髙瀬愛実選手


 向洋小学校 

(左から)1組を担当した中島依美選手、阪口萌乃選手


(左から)6時間目の2組を担当した京川舞選手、西川彩華選手


(左から)6時間目の3組を担当した伊藤美紀選手、山下杏也加選手


(左から)5時間目の4組を担当した京川舞選手、西川彩華選手


(左から)5時間目の5組を担当した伊藤美紀選手、山下杏也加選手

【関連ニュース】
サンテレビ『INAC神戸の選手がオンライン授業 神戸市内の小学校』(2021年2月9日)

PAGE TOP

ファンクラブ準備中

INAC KOBE