NEWS ニュース

【フォトレポート】2021-22シーズン ユニフォーム発表会見

4月15日(木)、兵庫県神戸市の兵庫県立美術館にて「2021/22シーズン ユニフォーム発表会見」が行われました。会見には安本卓史アイナックフットボールクラブ株式会社代表取締役社長、コシノヒロコ様、中島依美 選手、武仲麗依 選手、山下杏也加 選手、杉田妃和 選手が出席しました。


デザインを手がけたコシノヒロコ様も会見に同席(写真左から3番目)


FP 1stユニフォームを着用した中島依美 選手


FP 2ndユニフォームを着用した杉田妃和 選手


GK 1stユニフォームを着用した山下杏也加 選手


GK 2ndユニフォームを着用した武仲麗依 選手



会見ではコシノ様によるユニフォームコンセプトも発表されました。


『Play Around the Musicと題した春夏コレクションの図案をモチーフに、ユニフォームをデザインしました。楽器の持つ鋭い直線やエレガントな流線、そして優美なフォルムは、運動する身体の美しさにも通じるものだと思います。配色についてもアート性を意識しました。音楽を奏でるかのように、力強く、時に繊細に、フィールドを自在に駆け回っていただきたいと願います。』


そして、2021-22シーズン スローガンも発表されました。


2021年。クラブ創設20周年を迎えました。9月に開幕する女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」初代チャンピオンをめざし、大きく改革・発展・進化し、INAC MINDを持ってどのチームよりも強く先をいきたいという想いと姿勢を『躍進』という言葉で表現しました。更にINAC神戸の活動が日本女子サッカー界の未来のための礎となるようにと願いをこめて『FOR THE FUTURE』を付け加えました。2021/22シーズンのINAC神戸の『躍進』にご期待ください。


本日の司会はラジオ関西『カンピオーネ!レオネッサ!!』やスタジアムMCでおなじみの赤﨑夏実さんに務めていただきました。











なお、本日の会見の模様はYoutubeにて近日公開予定です。

PAGE TOP

ファンクラブ準備中

INAC KOBE