NEWS ニュース

ユニマット リタイアメント・ コミュニティとのサプライヤー契約締結のお知らせ

NEW

2021/06/09

お知らせ


このたび、全国で「そよ風」のブランドで高齢者介護事業を展開する株式会社ユニマット リタイアメント・コミュニティ(以下、ユニマットRC)様とオフィシャルフードサプライヤー契約を締結したことをお知らせいたします。クラブ選手およびアカデミー生85名に対し、管理栄養士が監修した栄養バランスに優れた宅配弁当サービス「食のそよ風」の栄養支援がご提供されます。また、ユニマットRC様が推進する「イマドキシニア」プロジェクトの一環として、2021年6月1日に協業を開始しましたことをお知らせいたします。

■「イマドキシニア」プロジェクト
ユニマットRCの示す「イマドキシニア」とは、主に1950年代生まれの高齢者で、高度経済成長期における豊かな生活のなか、テレビなどの娯楽、スポーツなどが身近な存在となり、個性豊かな価値観をもちながら過ごしてきた世代です。同社ではかねて、この「イマドキシニア」に対し、これまでの介護保険サービスに加え、未来社会を見据えた人生・生活背景にフィットする多様性のあるサービスを開発の必要性があると考えています。

■取り組み内容

「INAC神戸レオネッサ」に対し管理栄養士が監修した栄養バランス食「食のそよ風」の栄養支援
トップ選手およびアカデミー生85名に対し、同社の管理栄養士が監修した栄養バランスに優れた宅配弁当サービス「食のそよ風」を週に3回提供されます。

「そよ風」利用者の機能訓練プログラムを共同開発および共同実施
スポーツの動きを取りいれたユニマットRCの高齢者介護事業「そよ風」利用者への機能訓練プログラムの共同開発、トップ選手およびアカデミー生との共同実施。トップ選手およびアカデミー生による近隣の「そよ風」施設への日常的な訪問など、利用者との交流を図るほか、「そよ風」利用者によるスタジアム観戦のイベントを実施予定です。

【株式会社ユニマット リタイアメント・コミュニティについて】
全国336拠点(669事業所 / 2021年5月末時点)を通じて高齢者を支援する介護事業を展開し、高齢者の生活と自立を支援しています。また、高齢者をさらに支える新サービスの開発、自宅の生活と認知機能をサポートする高度な見守りサービスの研究を進めるなど、高齢者がアクティブに介護が必要になっても穏やかに、誰よりも自分らしく暮しつづけられるよう「介護」の枠にとらわれない、新しい事業を目指しています。

■株式会社ユニマット リタイアメント・コミュニティ
〒107-0061
東京都港区北青山2-7-13 プラセオ青山ビル
代表取締役社長 中川 清彦
事業内容/介護事業・デリバリー事業・ホテル事業・フィットネス事業・ライフプランニング事業など
公式サイト:https://corp.unimat-rc.co.jp/

PAGE TOP

ファンクラブ準備中

INAC KOBE